PDFファイルを“読む”なら色を反転できる Sumatra PDF が適している

 PDFで作成した書類を読むとき、白地に黒文字のため、ストレスを感じていました。Adobe Reader は、アクセシビリティーの設定で背景色とテキスト色を変更できますが、罫線の色を変更できないとか、画像として取り込んだものは変更できません。
 PDFで作成した大量の書類を“読み”、評価する必要があり、色を反転して表示できるソフトを探したところ、良いソフトがありました。Sumatra PDF というソフトです。

【参考サイト】
PDFファイルを色反転して閲覧する方法 in Windows

 ソフトの日本語のダウンロードページのシステム用件に、windows 8.1 がなく、「windows 8.1 では上記参考サイトに記載された方法で色反転できない」という情報を別サイトで見つけたので、不安がありました。しかし、英語版のダウンロードページの System requirements に windows 8 が含まれていたので、ダメ元と思い日本語のダウンロードページからダウンロードしインストールしてみました。PDFを正常に“見る”ことができました。

 色反転は上記参考サイトを参考に次の方法で実行できました。
1.スタート画面のアプリ一覧で SumatraPDF を右クリックし、表示されるメニューの“ファイルの場所を開く”をクリックする。
2.デスクトップにショートカット一覧が表示されるので、SumatraPDF を右クリックしデスクトップ上にドラッグし、表示されるメニューの“ショートカットをここに作成”をクリックする。
3.デスクトップに作成された SumatraPDF アイコンを右クリックし、表示されるメニューの“プロパティ”をクリックする。
4.ショートカットのリンク先を次のように修正する。
 修正前:"○○○○○\SumatraPDF\SumatraPDF.exe"
 修正 :"○○○○○\SumatraPDF\SumatraPDF.exe" -invert-colors

 PDFファイルを SumatraPDF アイコンにドラッグ&ドロップすれば色反転して表示されます。“見る”のは写真がネガになるので適していませんが、“読む”のに最適です。

【追記】2018/1/12
 windows 10 では、version 1709 からだと思いますが、色反転の機能が加わりました。
 SumatraPDF の最新バージョンでは、
  invert-colors : TODO: remove this option?
となっています。
 このため Acrobat Reader を使用しています。

更新日:2018/01/12
掲載日:2015/04/16